めっちゃぜいたくフルーツ青汁と藍の青汁の違い比較と選び方

あなたは最近の自分の体に自信がありますか?

以前より痩せにくくなった、食事量は減らしているのにお腹がポッコリ、毎日すっきりでないなど悩みはさまざまだと思います。

そんなあなたにおすすめしたいのが、青汁です。

しかし、昨今の健康ブームで青汁にもたくさんの種類があります。

そこで今回は、今ネットを中心に話題になっている2つの青汁、めっちゃぜいたくフルーツ青汁と、藍の青汁の違いと比較、そして選び方をご紹介したいと思います。

まず、年齢とともに痩せにくくなったり、お通じの調子がわるくなってしまうのはなぜでしょうか。

それは、食事量の減少と、内臓機能の低下、食物繊維の減少のほか、ストレスや不規則な生活などが原因として考えられます。

そこで活躍してくれるのが、青汁です。

青汁は1日に必要とされる野菜、食物繊維を補ってくれるのに効果的な飲み物です。

厚生労働省では、1日に必要な野菜の量を350g、食物繊維繊維を24gと規定しています。

しかし、実際には、40代50代では野菜で100g以上も不足しているといわれています。

食物繊維もともなって、少ない摂取量です。

青汁はこうした栄養・食事バランスの解消に効果的です。

では、注目を集めいている2つの青汁をみていきましょう。

まず、めっちゃぜいたくフルーツ青汁ですが、人気タレントのぺこが10キロ超えダイエット時にも飲まれていた青汁で、食物繊維や野菜不足の解消となる青汁ベースが大麦若葉に、クマザサ、明日葉、甘藷若葉と4種類も入っています。

さらに、女性なら誰しもが気になる美肌などの美容効果も期待できる美容成分、ビタミンC、プラセンタ、セラミドのほか、ヨガフルーツ、乳酸菌、大豆イソフラボンに加え、年齢とともに減少していく酵素を181種類も配合しているのが特徴的です。
めっちゃぜいたくフルーツ青汁の口コミ効果!他との違いは?

一方の藍の青汁は、長年日本人に染物などで親しまれてきた藍をベースに、大麦若葉に、クマザサ、善玉菌の働きをサポートしてくれるオリゴ糖を配合しています。

藍というと食べられるの? と不安に思われるかもしれませんが、その栄養価は今世界からも注目を集めています。

体を錆びなくしてくれる抗酸化作用があるポリフェノールのほか、食物繊維に富んでいるのが藍なのです。
藍の青汁の口コミ!どんな効果があるの?

では、これら2つの青汁ですが、どのように選び分ければ良いのでしょうか。

青汁は気になっているけれど、どれを選べば良いのか悩んでしまうというあなた。

期待する効果がより得られそうな1杯を探してみてはいかがでしょうか。

腸内フローラを整えて毎朝すっきりに、ダイエットに加え、美容成分もゲットして健康的に痩せる体を目指したいという方にはめっちゃぜいたくフルーツ青汁をおすすめします。
↓めっちゃぜいたくフルーツ青汁公式サイト
489
ダイエット青汁「めっちゃぜいたくフルーツ青汁」

食事バランスの改善や、腸内フローラを整えて毎朝すっきりに主眼を置きたい方、エイジングケアしたいという方には藍の青汁をおすすめします。
↓藍の青汁公式サイト

us