クマイザサは、クマザサと違うの?どんな効果?

よく一般的な青汁に主成分として多く含まれているクマザサ。

クマザサは、栄養豊富な植物で体に良いイメージがありますが、クマイザサと言われるものもありますよね。

ふとした時に、クマザサとクマイザサは何が違うんだろうと調べてみると意外なことが判明しました。

まず、クマザサと呼ばれている植物にはいくつかの種類があることがわかります。

例えばチシマザサやミヤコザサ。

これらも全てクマザサと言われている仲間で、クマイザサもこの仲間に入ります。

クマイザサは、9枚の葉っぱが付くことから9枚笹と言われており、一般的にクマイザサと呼ばれるようになったようです。

クマイザサの主な成分はアミノ酸です。

アミノ酸の中でも体内では合成することができない必須アミノ酸は7種類も含んでおり、様々な健康効果が期待できます。

そして、

このクマイザサを青汁として食品化されたのが、黒糖抹茶青汁寒天ジュレです。

黒糖抹茶青汁寒天ジュレは、今までにはなかった食べるタイプの青汁となっており、クマイザサだけではなく、40種類もの植物発酵エキスを配合しています。

黒糖のやさしい甘みが特徴的なジュレタイプになっており、今までの青汁が苦手だったと言う方にも最適です。

また、持ち運びが簡単な個別包装になっているので、外食がちの方の野菜不足にもぴったりですよね。

味の美味しさ
配合されている栄養素

これら全てにこだわって作られている黒糖抹茶青汁寒天ジュレ。
黒糖抹茶青汁寒天ジュレの口コミ!便秘改善効果と他に何に良い?
あなたもぜひ一度取り入れてみませんか。
公式サイト↓