めっちゃぜいたくフルーツ青汁と黒糖抹茶青汁寒天ジュレの違いと選び方

あなたは青汁を飲んだことがありますか?

健康や美容に良い効果があるというイメージをおもちの方も少なくないと思いますが、たくさん種類もあり、どれを選んで良いかわからず、まだ試したことないという方もいると思います。

そこで今回は、人気タレントぺこの10キロ超えダイエットをサポートしたことでも話題のめっちゃぜいたくフルーツ青汁と黒糖抹茶青汁寒天ジュレの違いと選び方をご紹介したいと思います。

青汁のメリットはなんといっても野菜不足の解消ができる点と、食物繊維が豊富な点です。

成人に必要とされる食物繊維の量は1日に24gと推奨されています。

しかし現実は、男性で19g、女性で17gと少なめです。

さらに、1日に必要とされる食物繊維が豊富に含まれている野菜は成人で350gとされています。

しかし、こちらも男性、女性ともに23?34g程度不足しています。

気にはなっていてもなかなか食事のバランスを毎日毎日整えるのは本当に大変ですよね。

そこでおすすめしたいのが、手軽に摂取できる青汁です。

青汁には食物繊維が豊富な野菜や果物が含まれており、効率的に野菜・食物繊維不足を補うことができます。

さらに、最新の青汁には野菜だけでなく、酵素や乳酸菌も含まれており、多角的に食事バランスをサポートしてくれるのです。

では、さっそく今話題となっている青汁を2つご紹介したいと思います。

まず一つ目はめっちゃぜいたくフルーツ青汁です。

結婚前に10キロものダイエットに成功したぺこも活用したとされ、注目が高まっています。

そのメリットはなんといっても豊富な成分にあります。

青汁のベースとなる大麦若葉に、クマザサ、明日葉、甘藷若葉のほか、なんと181種類の酵素を配合。

これだけにとどまらず、フルーツや野菜エキス、美容成分としてビタミンC、プラセンタ、セラミドまで配合しているのです。
めっちゃぜいたくフルーツ青汁の口コミ効果!他との違いは?

一方の黒糖抹茶青汁寒天ジュレは、ゼリータイプ食べやすい青汁です。

こちらのメリットは、持ち運びが楽で食後のデザートやおやつに活用できる点です。

そして含まれている成分も、申し分ありません。

青汁ベースとしてクマイザサ粉末のほか、成分のほとんどが食物繊維である寒天、食物発酵エキスに、お米由来の乳酸菌とこちらも腸内環境の正常化に嬉しい要素がたっぷりと詰まっています。
黒糖抹茶青汁寒天ジュレの口コミ!便秘改善効果と他に何に良い?

では、これら2つはどのように選びわければ良いのでしょうか。

青汁は気になっているけど、どれを選べば良いかわからないというあなた。

目的別に自分に合ったタイプの青汁を選んでみてはいかがでしょうか。

毎日豆乳に混ぜたりストレートで飲んだり、ヨーグルトに混ぜたりして味に変化をつけたいという方、食物繊維、乳酸菌のほかに美容成分も欲しいという方、酵素がたっぷり入っているものが良いという方にはめっちゃぜいたくフルーツ青汁をおすすめします。
↓めっちゃぜいたくフルーツ青汁公式サイト
489
ダイエット青汁「めっちゃぜいたくフルーツ青汁」

 

外出先や旅行先で摂りたいという方、抹茶やゼリーなどの味が好きでおやつや軽食感覚で食べたいという方には黒糖抹茶青汁寒天ジュレをおすすめします。
↓黒糖抹茶青汁寒天ジュレ公式サイト

us